CINEMA LABO

「カメラを止めるな!」の魅力を徹底分析!面白いと絶賛される理由はこれだ!!(ネタバレなし)

カメラを止めるな! 【B2変形サイズオリジナルポスター付】

 2018年最も話題となった日本映画といえば、誰しもが「カメラを止めるな!」の名を挙げるでしょう。

この記事では、そんな「カメ止め!」がなぜここまでの人気作品になったのか、その理由と魅力について迫っていきたいと思います!

※本記事では決定的なネタバレ表現を避けていますが、勘の良い方や映画好きの方からはストーリーの展開が読めてしまうような文言が含まれていますので、真っ新な状態で映画を楽しみたいという方にはおすすめしません

そもそも「カメラを止めるな!」ってどんな映画?

カメラを止めるな!」はENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾として、監督の上田慎一郎さんが無名俳優たちをオーディションで集い製作した「ゾンビ映画」です!

2018年6月23日に公開され、新宿 池袋の2館上映からスタートしたこの映画ですが、その面白さが口コミで広がり、今では全国の劇場で公開される程の大人気作品となりました!

 

監督・脚本 

上田慎一郎

キャスト

濱津隆之しゅはまはるみ真魚・長屋和彰

秋山ゆずき・細井学・市原洋・浅森咲希奈

山崎俊太郎・吉田美紀・合田純奈・山口友和

大沢真一郎

 

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。

そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!

……を撮ったヤツらの話。

 

※引用元  https://kametome.net/index.html      

    

ここまでが公式で発表されている情報なのですが、ここからは実際にこの作品の魅力について語っていきたいと思います!(ネタバレは極力なしで)

 

「カメ止め!」の魅力とは?一体なぜそこまで話題になるのか!?

カメラを止めるな!」には他の映画と全く違う魅力が大きく分けて3つあります!

魅力その1 前代未聞!37分ワンカットの長回し!!

この映画を語る上で避けては通れない絶対的な特徴、それが冒頭37分間のワンカット

とある廃墟を舞台に、自主映画製作チームが突如現れたゾンビから逃げ回る様子を一度もカットをかけずに37分間撮り続けています。まるで自分が役者を追いかけているかのような映像に自然と我々観客の姿勢も前のめりになってしまう。息をつく暇もなく次から次へとやってくる展開にワクワクするオープニング。正直こんな映画は観たことないです!このワンカットが意味するものとは...?上田監督が我々に与えるメッセージなのか、それとも...?

 

魅力その2 巧みな脚本!

決定的なネタバレは避けて紹介しますが、この映画の最大の特徴。それは巧みに練られた脚本と言ってよいでしょう。先ほど記した通り、この映画は冒頭37分間のワンカットからスタートするのですが、本当に面白いのはこの37分間が終わってから!

そう、この映画には大きな仕掛けがあるのです!!その仕掛けが発動した瞬間からこの映画は裏の顔を見せはじめ、クライマックスに向けて全力で突き抜ける!!そんな作品です。仕掛けが露わになった時点がピークで終わってしまうような作品が多いなか、「カメラを止めるな!」はそこからが面白い!

ジャンルすらをも変えかねない驚きの仕掛けにきっとあなたも魅了されるでしょう

『最後まで席を立つな この映画は2度始まる』

 

魅力その3 監督演者スタッフ観客が一体となって盛り上げる!圧倒的な熱量!!

ここまでは映画の中身についての話でしたが、「カメ止め!」には他の映画と圧倒的に違う要素があるのです。それは、監督を筆頭に出演していた役者の皆さんがこの映画を盛り上げようととにかく全力なところ!それを一番表している活動で有名なのが上映後の舞台挨拶です。公開当初は新宿・池袋の2館ですべての回の上映後にキャストの皆さんが登壇し舞台挨拶をした後、サイン会まで行うという今までに聞いたこともないようなサービスを毎日行っていました。f:id:cinemalabo:20181027024219j:image

また、Twitterでの反応もとても早く「カメラを止めるな!」のことを呟いた2分後に出演者の方から「いいね!」をもらい、お返事まで頂いたなんてこともありました。

とにかく全員でこの映画を盛り上げようとする姿勢、その姿に映画を観た我々観客もスクリーンから飛び出してきてくれたカメ止めチームの一員になったような気分で「一緒に盛り上げましょう!!」という気持ちにさせられてしまうのです。この全員で作り上げる一体感こそが今までにない奇跡のような盛り上がりを見せ、ここまでの話題作になるほどの成長を見せたのではないかと思います...!

 

実際の評判や反響は!?

受賞歴

 

 

 ※引用元 wikipedia

 

 

数々の有名人がこの映画を絶賛

HKT48指原莉乃

 

品川庄司 品川祐

 

映画監督 新海誠

 

ゲームクリエイター 小島秀夫

 

これは、ほんのごく一部ですが、各界の著名人が絶賛していることには間違いないようです!

 

まとめ

無名の監督と俳優たちがアイデアと勢いと熱量で完成させた大傑作「カメラを止めるな!」は確実に鑑賞者の心を揺るがし、そして行動させてきた作品であることは間違いありません。日本映画がなかなかヒットしないと言われ続けてきたこの昨今に突然現れた奇跡のような逆転現象に今や日本中が熱狂しています。こんな奇跡が起こるのもまた映画の力が強大で素晴らしいものなんだと再認識させてくれた、それが「カメラを止めるな!」が人々をここまで惹きつけ、そして愛される作品になった最大の理由なのです!!