CINEMA LABO

【DC】MARVELだけじゃない!DCコミックス映画のオススメ作品やDCEU時系列をご紹介!

「ジャスティス・リーグ」オリジナル・サウンドトラック

アメリカの二大アメコミ会社といえば、

MARVELコミックDCコミックスが有名です。

日本ではアベンジャーズシリーズの大ヒットもあり、MARVELの知名度が高くなっていますがDCコミックス映画も負けていません!


この記事ではこれからどんどん盛り上がりを見せていくであろうDCコミックス映画からオススメの作品と今現在進行中のDCEUについてもご紹介します!

 

DCコミックスについて

DCコミックスアメリカの出版会社でMARVELコミックと共にアメコミ出版社の代表格とされています

主にスーパーマンバットマンが有名ですが、それ以外にもワンダーウーマンやフラッシュ、グリーンアローなど様々なキャラクターが存在し実写映像化もされています!

DC独自のユニバースDCEU

DCは現在、DCエクステンデッド・ユニバース(DCExtendedUniverse)という作品群を展開中です。MARVELのMCUのようにそれぞれの作品に出ているヒーロー達がクロスオーバーすることで世界観を共有しています。

<MCUについてはコチラの記事をご覧ください>

www.cinemalabo.net

 

DCEU作品一覧・公開順

DCEUの作品は公開順にストーリーが進むため、時系列を追うには公開順で観るのが最もオススメです!

 

1.マン・オブ・スティール (2013年公開)

DCEU1作目はスーパーマン実写映画6作品目にしてのリブート作品マン・オブ・スティー

 

2.バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生(2016年公開)

2作目はスーパーマンバットマンが早くも共演!

バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生

 

3.スーサイド・スクワッド (2016年公開)

3作目はジョーカーやハーレイクイーンなどDCの人気ヴィランたちがチームを組んだ異色の作品スーサイド・スクワッド」!

 

4.ワンダーウーマン (2017年公開)

4作目はバットマンvsスーパーマンでお披露目となったワンダーウーマンの単独作品ワンダーウーマン」!

 

5.ジャスティスリーグ(2017年公開)

5作目はDCEU初の大型クロスオーバー!

スーパーマンバットマンワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、アクアマンがチームを結成!ジャスティスリーグ」!!

ジャスティス・リーグ(字幕版)
 

 

6.アクアマン(2018年公開)

ジャスティスリーグで初登場した"アクアマン"の単独作品です。

監督は「ソウ」シリーズや「ワイルドスピードSKY MISSION」のジェームズ・ワン

【映画パンフレット】アクアマン

【映画パンフレット】アクアマン

 

 

7.シャザム!(2019年公開)

あのスーパーマンにも匹敵する強さを持つと言われるヒーローがDCEUに参戦!

「シャザム!」と唱えることで6人の神の力を持つスーパーヒーロー「シャザム/キャプテンマーベル」に変身することができる少年ビリー・バットソンの物語です

 

 

これから公開予定のDCEU作品

DCEUはまだまだ始まったばかりです。これから公開予定の作品は既にこれだけ決まっています!

 

 

8.ワンダーウーマン1984 (2019年公開)

ワンダーウーマン」の続編にあたる本作は1984年が舞台。前作の時代背景が1917年だったのに対し、60年以上も経った次回作はどのような内容になるのでしょうか…?

Wonder Woman: The Art and Making of the Film

Wonder Woman: The Art and Making of the Film

 

 

 

9.サイボーグ(2020年公開)

こちらもアクアマンに引き続き、ジャスティスリーグで登場したキャラクター"サイボーグ"の単独作品です。彼が一体なぜあのような姿になってしまったのか、その秘密はこの作品で暴かれるかもしれません

Cyborg Vol. 3: Singularity

Cyborg Vol. 3: Singularity

 

 

 

 

10.グリーンランタン・コァ(2020年公開)

既に映画化はされていたものの、DCEUでは初登場のヒーロー「グリーンランタン」が主役の単独作品です。

Green Lantern: Rebirth (New Edition)

Green Lantern: Rebirth (New Edition)

 

 

DCコミックス原作のオススメ映画

DCEU以外からオススメの作品を3本ご紹介します!

ダークナイト (2008年公開)

『アメコミ映画No.1の名作』

ダークナイト (字幕版)
 

バットマンビギンズ」「ダークナイトライジング」と合わせてクリストファー・ノーラン監督のバットマン三部作として位置づけられるこの作品ですが、二作目にあたる「ダークナイト」はアメコミ史上最も存在感の強いヴィランジョーカーが登場する大人気の作品です!

 

ウォッチメン (2009年公開)

『ダークな雰囲気が好きならコレ』

ウォッチメン (字幕版)
 

「マン・オブ・スティール」「ジャスティスリーグ」など後にDCEU作品も手がけることとなるザック・スナイダーの監督作品「ウォッチメンサスペンス要素や過激な描写もあることから日本でR-15指定になった本作品は、大人向けアメコミ映画としても知られる奥深い作品です。

 

グリーンランタン (2011年公開)

『一周回って逆にオススメ』

グリーン・ランタン (字幕版)
 

今ではMARVEL屈指の大人気キャラクター、デッドプールを演じているライアン・レイノルズ主演の「グリーン・ランタン」ですが、残念ながら興行成績も振るわず、後にライアン・レイノルズ本人すらも公式にネタにするほどの作品になってしまいました。。その様子は是非この作品を観た後に「デッドプール」「デッドプール2」でお確かめください。

TVシリーズも大好評!

DCが映画と同様に力を入れているのがTVシリーズです。コミックに登場するヒーローや街がドラマシリーズとして描かれることでより深くDCの世界観を堪能できます!

最後に 

以上、DCコミックス独自のユニバースDCEUに関する簡単な説明でした。

MARVELのMCUが既に膨大な量の作品群に成長しているのに対し、DCEUはまだまだこれからのシリーズです。アメコミ映画に興味が沸いた方は先にDC作品から攻めるのもアリかもしれません!今後もどんどん情報が出てきてMCU同様に盛り上がりを見せていくであろうDCコミックス映画に期待です!