CINEMA LABO

「億男」あらすじ・感想 (一部ネタバレ)

作品情報

億男

億男 オリジナル・サウンドトラック

予告編

監督

大友啓史

脚本

大友啓史

原作

川村元気億男

出演者

佐藤健

高橋一生

黒木華

池田エライザ

北村一輝

藤原竜也

沢尻エリカ

主題歌

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」

あらすじ

兄が作った3,000万円の借金を抱えた一男(佐藤健)は、昼は図書館司書、夜はパン工場で働きながら借金を返済する日々に追われていた。妻・万左子(黒木華)はそんな一男に愛想を尽かし娘と一緒に家を出てしまう。まさに絶望的な状態にあった一男だったが、ある日突然宝くじが当たり3億円を手にすることになる。これで家族との関係を修復しようと考えたが、ネットで高額当選者たちの悲惨なその後を書き綴った記事を読んでしまう。そこで一男は大学時代の親友であり億万長者の九十九(高橋一生)の意見を求め会いに行く。再会した一男に相談された九十九はまず最初にパーティーを開くことを提案する。その後、豪遊する2人だったが浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと3億円は九十九とともに姿を消していた

 

感想

映画「億男」観てきました。原作も未読で映画の内容的にも予告を見た限りそこまで惹かれるような感じでもなかったのですが、鑑賞しようと思ったきっかけはズバリ主題歌が僕の大好きなBUMP OF CHICKENだったから!というこの1点です。正直そんな薄い理由で観たことに申し訳なさはあるのですが、結果的には『この映画観て良かった!!』と思える内容でした。

あまり期待していなかった分その跳ね返りが大きく鑑賞後もその余韻に浸り、ふとした時にこの作品に出てきた登場人物たちのセリフが脳内をリフレインするほどの影響を与えてくれました。

なぜこの映画がそれほどの印象を残したかというと、主人公を取り巻くクセの強い登場人物たちと、やけに心に突き刺さる名言が数多く出てきたからなんですよね。というわけで、この映画に出てくる登場人物に一人一人触れながら自分なりに思ったことを間に挟んで感想を書いていきたいと思います。

クセの強い登場人物

この映画は、あらすじにも書いてある通り主人公の一男(佐藤健)が、宝くじで当たった3億円の使い方について親友の九十九(高橋一生)に相談しに行くも、そのお金を持ち逃げされるというところから始まります。そこで一男は九十九を探すべく九十九のかつての同僚たちを訪ねていくという話なのですが、そこで出会う人たちがめちゃくちゃ胡散臭い!もう出てきた瞬間から「うーわ金持ちの嫌なとこ集めたみたいな人出てきたわぁ…」と思ってしまうのですが、「今の日本だったらこういう人がいなくもなさそうだぞ?」っていう妙なリアリティもある絶妙なキャラクター設定でした。

百瀬

f:id:cinemalabo:20181023220507j:image

(引用元: http://okuotoko-movie.jp )

最初に出会ったギャンブル好きの実業家、関西弁で小太りであご髭を生やしている怪しげな男、百瀬(北村一輝)も「胡散臭いけどこういう人いそう!」っていう、デフォルメされて分かりやすいキャラクター設計ではあるんだけど、そのおかげでどんな人から見てもその人の話がスッと入ってくるというか妙な説得力を感じるという点で、すごく分かりやすい作りになっているなと思いました。

百瀬が一男の事情を聞いた後に100万円の馬券を買って予想させるシーンがあります。一男は見事その予想を的中させ1億円をあっさり手に入れるのですが、その後「最終レースは必ず勝つから全部突っ込め」と百瀬に押された一男は次の予想を外し先ほどの1億を失います。この時に百瀬は最初から馬券を買っていなかったことを暴露し「今お前の頭の中であっち行ったりこっち行ったりしたのがお金や」と言い放つのですが、そのセリフが一男がお金に振り回されていることを端的に表しているし百瀬というキャラクターのお金というものの捉え方を提示していてすごく腑に落ちたセリフでした。

千住

f:id:cinemalabo:20181023220516j:image

(引用元: http://okuotoko-movie.jp )

また、藤原竜也演じる明らかに胡散臭い宗教家のような千住という男もかなり極端でバカバカしいんだけど「そういうものなのかな…」と、どこか納得してしまうようなキャラクターでした。借金を返済したいという男に1万円をタダであげるシーンで千住は「そのお金はいくらですか?」と質問する。すると男は「1万円です」と答える。しかし千住は「あなたはこの1万円をタダで手に入れた。つまりこれは0円です!」と言いその場で破らせます。「金なんて所詮ただの紙切れだから気にするな」という暴論を振りかざし千住は信者たちに金を捨てさせた挙句、「彼らはこれ(1万円)を捨てたんだよ。つまりこれはゴミだ。捨てる奴もいれば、ゴミに価値を見出す奴もいる。つまり金の価値は人間が決めている」と、一男にドヤ顔で言い出す始末。「アホだけど確かにそうだ」と思うと同時に分かるのは、やっぱり金を稼ぐのは利口な奴で馬鹿は搾取されていく一方なんだなと…すっごく極端な例を見せて分からせる場面だったと思います。

十和子

f:id:cinemalabo:20181023220523j:image

(引用元: http://okuotoko-movie.jp )

沢尻エリカが演じる九十九の元同僚で現在は主婦の十和子は他の2人と違って、ぶっ飛んだ様子もなく「やっとちゃんとした人出てきたな…」という印象でした。住んでいる家も地味な都営住宅で、結婚した相手に関しても「お金に執着がない人だったから結婚を決めた」と言うほどで、「良い女じゃねーか沢尻エリカ…」と思ったのも束の間、 一男に「そのお金どうするの?」と尋ねた十和子は「お金は『持っている』ことが一番大事」「私たちは今お金に包まれているのよ」と言い出し家の壁紙やら床の畳を剥がしまくり出てきたのは大量の札束。「あ、この人もおかしい人だった…」と思ってしまうシーンですが、十和子の「お金は持っていることが大事」というセリフは女性ならではの考え方で、自分にとってはかなり新鮮な切り口でした。この十和子という人は昔から「全部俺が出すからご飯行こう」とか「家賃出して好きなとこ住ませてあげるから君の時間をくれ」とか言ってくる『金で女を買うような男』に囲まれて生きてきたわけです。そんな人間が自分の力で手に入れたお金をどうするか。と言う答えが「ただ持っている」だったんですね。。深い。

万左子

f:id:cinemalabo:20181023220532j:image

(引用元: http://okuotoko-movie.jp )

一男の妻、万左子(黒木華)はこの映画で唯一まともな感覚を持っているというか、ある意味一番観客と近い目線を持った言わば普通の人です。借金の事しか頭にない一男に対して嫌気がさし離婚を迫り、一男が「3億円当たったから家族との関係をやり直せる!」と確信したときも既に万左子はものすごく冷めています。「そういうことじゃないんだよ」と。劇中でも何度か「あなたは変わった」という言葉を口にしますが、それはお金のことで頭がいっぱいになりお金さえあれば家族を幸せにできると思い込んでいた一男には理解できなかった言葉でした。娘のバレエの発表会に夫婦で観に行った際、万左子の「年に一回こうしてあの子の発表会をあなたと観れるだけで十分だった」という一言に、一男は全てを気付かされます。そこで初めて「答えはものすごく近いところにあったんだ」と悟り、涙を流します。

実際男って女性よりも自分がやりたいことや、やらなきゃいけないことがあると家族や自分の周りの大切な人との関係を後回しに考えて雑になってしまうところがある気がするんですけど、それは結果的に自分の幸福を奪う行為でもあるんだよな…。なんて考えながら個人的にはこの場面を見て、こういう人が一人いてくれて本当に助かったと思いました。じゃないとここまで金持ちの自己満足な持論を聞くだけの映画になってしまうので。。

 

九十九

f:id:cinemalabo:20181023220607j:image

(引用元: http://okuotoko-movie.jp )

一男の親友であり億万長者の九十九はこの映画の中心人物です。こいつを中心に全てが動き出します。九十九は一男の3億円を持ち出して失踪するとんでもない奴なんですが、結果的にこの映画は「九十九」というキャラクターの強さで50%持っているといっても過言ではないくらいに魅力的な人物でした。

まず何といっても印象的なのは常にコーラを片手に持っている姿。なんか天才っぽいんですよね。アメリカの映画とかに出てくる天才ハッカーでやたらとチョコばっかり食ってたりキャンディー舐めてたりする奴がカッコよく見えるあの感じが個人的には大好物です。

九十九は吃音症(言葉に詰まったり途切れ途切れになってしまう症状)を持っているため会話で言葉に詰まる場面が多いのですが、一男と共に落研に所属していた大学時代のエピソードでは落語をするときだけはスラスラと饒舌に喋れる様子が描かれています。

吃音症の歌手やラッパーで歌っているときだけは問題なく発音できるという人がいますが、その理由は通常の会話と違って歌やラップはリズムが決まっているため息継ぎをするタイミングなどが取りやすいからだそうで、そのことを後に調べて分かった時に「九十九にとって一男と共に始めた落語というものはまるで歌のようにリズムが体に染み付いてしまうほど打ち込んでいたものだったんだな」と気づき時間差でグッときてしまいました。

また、九十九の"天才性"を表しているのが大学時代に一男と共に行ったモロッコ旅行での一幕。一男が体調を崩し商店街で倒れこんだことで大量のお皿を割ってしまい、一男を心配した九十九は一刻も早く病院に連れて行かないとという思いから合計34万円を弁償。その時にお金や商品の価値が人や状況によって変動することに気づいた九十九はネットで利用者が自由に金額を設定して物を売買できるサービスを思いつきます。これが後にヒットして九十九は億万長者になっていったわけですね…。厳密にはこの旅行の時点で既に1億円持っていたのですが、その理由がどうもこじ付け感があってこの映画で唯一納得いかない点でもありました。(大学生がバイトで貯めたお金で株やって1億儲けるのはさすがに都合が良すぎないだろうか…)しかし、そんなことはまあいいんです。だって九十九は金を稼ぐ能力に優れてるんだから!しょうがない!!

というわけで、大学時代からお金の価値について人一倍考え見事億万長者になれた九十九ですが、そんな彼がなぜ親友である一男の大切な3億円を奪って逃げたのか

結末は…

それは、ご自身の目でお確かめください!!

最後に

映画の内容は勿論ですが、エンドロールに流れるBUMP OF CHICKENの主題歌「話がしたいよ」がとにかく最高でした。

先ほど九十九のキャラクターとしての魅力で50%を占めると書きましたが、残りの50%はバンプです!(極論)

是非とも映画館のスクリーン内で映画の余韻に浸りながら聴いてください!

この映画はエンドロールだけで元取れます!!